幼稚園生でもできる初心者必見の簡単キーワード選定!難しいからブログをやめるのはもったいない!ツールはいらない!

ブログ運営

ブログを始めて一番最初に悩むのが記事を書いてもアクセスが集まらないことですよね。

アクセスが集まらなくてお困りの人も多いと思います。

 

かつての私もそうでした。

今回はそんなブログにアクセスが集まらない人に向けて処方箋的な記事を書いていきます。

 

キーワード選定はグーグルサジェストと知恵袋・無料ブログを探すだけ

ブログにアクセスを集めるためには

1.検索需要がある(=よく検索される)

2.ライバルが少ない(上位表示される=検索して1ページ目に表示される)

 

という2つの条件を満たすキーワードを見つけてタイトルに入れタイトルを作る必要があります。

 

ブログを始めたばかりの人はもちろん、私のように休みの日はいつも寝るだけで無趣味、発達障害で登場人物が多いマンガすらも読むことができないセンスゼロの人にそんなキーワード分かるわけないじゃないですか。

 

キーワード選定難しそうだから、自分はブログで稼ぐのは難しいと思うあなた、それはもったいないです。

 

今から小学生でもできる簡単なキーワード選定を教えますね。

 

高額塾やコンサルを受けた人なら一度は聞いたことがあるような「ずらし」という超ムズイテクニックは不要です。

 

「ずらし」なんか分かるわけないじゃないですか。

よく検索されるキーワードの選び方

グーグルを開いて適当にキーワードを入力してスクロールして下の「関連するキーワード」を選ぶだけです。

 

これで検索需要があるキーワードは見つけることができます。

簡単でしょ?

 

キーワードは頭で考える必要なんてないんです。

これだったら小学生はおろか幼稚園生でもできそうじゃないですか。

 

ただ、これだけではあなたのブログにアクセスを集めることができません。

それがライバルの存在があるからです。

ライバルチェックは知恵袋と無料ブログを探すだけでOK!

いくらよく検索されるキーワードでも既にブログ記事を書いている人がいたら上位表示することができません。

上位表示することはできなくはないですが、既にあるサイト以上の内容を書いたコンテンツを作らないといけないから単純に面倒ですよね。

 

そんなズボラなあなたにはもっと簡単な方法を特別にお教えします。

それは先ほどの関連するキーワードをクリックして知恵袋と無料ブログが検索1ページ目に表示されていたらそのキーワードは1,2の条件を満たすキーワードです。

 

知恵袋以外にも教えてgoo!や発言小町等でもOKです。

無料ブログはameblo、fc2、seesaa、so-net等があります。

そのようなキーワードを見つけて記事を投稿していけば自ずとブログにアクセスが集まります。

 

1日1PV集まる記事を集めていけば1000記事で1000PVですよね。

時間はかかりますが、確実な方法です。

 

グーグルアドセンスはアクセスを集めれば稼げるので、自ずと稼げるということになります。

よくコンサル開始3ヶ月で月収10万円という実績紹介がありますが、あれはセンスがあり作業ができた人なので、センスゼロの人には絶対無理なのであまり気にしましょうね。

1日3記事の苦行から逃れるために外注しかない

アドセンスブログで稼ぐには以下の2つを探して記事を書くだけです。

・グーグルサジェストワード

・知恵袋や無料ブログ

簡単でしょ?

ええ、記事を書くのがめんどくさい?

 

そりゃそうでしょ。

そもそもセンスがないんだから、そんなときは文章がうまい人に外注しましょう。

1日3記事どころか1記事書くことすら苦行なんですよね。

 

だったらプロに任せればいいんですよ。

これまで高額塾やコンサルに入ってきましたが、

「1日3記事書きましょう。そうすれば稼げるようになります」

「1日3記事どころか1記事も書けないんです。なんとかなりませんか?」

「ネットビジネスで稼ぐには1日3記事書かけないと無理なので意地でもがんばってください。」

「はい(T_T)」

というやりとりで高額塾に入っても作業をやめてしまい稼げない人をたくさん見てきました。

高額塾って名前の通りとてもお高いんです。

 

わらにもすがるような思いで入った高額塾で2年間やっても全然稼げなかったんですが、外注化をすることにより少しずつですが稼げるようになりました。

その方法が以下の教材を実践するようになってからなんです。

高額塾に投資するよりも記事に投資するほうが確実に稼げるようになります。

 

その方法については期間限定で無料で配布しているので興味がある方がおられましたら無料なので早めに登録して下さい。

コメント